蝸牛(カタツムリ)

悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、本来、身体をがんにさせない役割を果たす物質を分泌するための型ともいえる遺伝子の異常で罹患してしまうというのは周知の事実です。
普通では骨折を起こさない位のごく小さな圧力でも、骨の同一の所に何度も繰り返して途切れることなく力が加わってしまうことにより、骨折に至ることがあるので気を付けましょう。
めまいが出ず、辛い耳鳴りと低音域の難聴を何回も発症するケースを「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という呼称で呼ぶ事がよくあります。
エネルギーの源として瞬時に機能する糖質、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、激しい痩身ではこんな体をキープするために外すことができない成分までもを欠乏させている。
暗い場所では光量不足のため見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くので、眼球のレンズのピントを合わせるのに多くの力が必要になってしまい、日の差す場所でものを眺めるより疲れるのが早くなるのです。
よく耳にする心筋梗塞というものは心臓の周囲にある冠動脈の動脈硬化によって血管内の空間が狭くなって、血流が途絶え、酸素や色々な栄養が心筋まで送られず、筋肉細胞が壊滅状態になる深刻な病気です。
春と秋に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ヨモギなどの飛散するタイプの花粉が原因となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの憂うつなアレルギー症状を生ずる病気だといえます。
自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を持たない一般の人にも使用可能な医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに沿っておこなうことで、心室細動に対する処置の効き目をいかんなく発揮します。
現在まで採用されてきた生ワクチンに代わり、2012年9月1日以降は原則無料で受けられる定期接種になるため、集団接種ではなく病院などの医療機関で個々に注射するスケジュール管理の必要な個別接種に変更されています。
学校や幼稚園などの団体生活をするに当たって、花粉症が原因で他の友達と同様に外でエネルギッシュに運動ができないのは、患者さんにとっても辛いことです。
暴飲暴食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、遺伝、心身両面のストレス、老化などの複数の素因が揃うと、インスリン分泌が鈍化したり、機能が落ちたりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病を発症します。
バイキンやウィルスなどの病気を誘引する病原微生物、即ち病原体が口から肺へ侵入して発病し、片方もしくは両方の肺が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と呼ぶのです。
平成17年2月より新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような日本語のプリントが義務となった。
塩分や脂肪分の摂り過ぎは控えて手ごろな運動に努め、ストレスの少ないような毎日を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防止する方法だといえます。
ハーバード医大(HMS)の研究結果によると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上はデカフェコーヒーを飲めば、恐ろしい直腸癌の発症率を約52%減少させることができたとのことだ。